Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品格って?

最近の本は タイトルにやたら「品格」がくっついてるのね。

原作は読んでないけど 篠原涼子が主演したテレビドラマの「ハケンの品格」。
「国家の品格」「会社の品格」は有名。
そして 坂東眞理子さんの「女性の品格」がベストセラーになった。

今日 久しぶりに本屋さんに出かけたら あらあら・・・ 
「男の品格」
「父親の品格」
「花嫁の品格」
「子供の品格」というものまで出てる。
「話し方の品格」
「品格を磨く本」
 まだまだ あった。

女性雑誌でも 特集として「品格」を取り上げているのが何冊かあって、
ぱらぱらと めくってみる。
「品格ある見だしなみファッションチェック」
「品格あるといわれる必須アイテム紹介」
最終的には やっぱりモノに行き着いているのが、女性誌ならでは。
 
ついつい「品格ある手帳」とか「品格あるアクセサリー」の記事を
立ち読みしてしまった。
 やっぱ、いいものにはそれなりの理由と歴史や裏付けがあるものよね」
などと 感心しながら。
  
 けど、ちょっと待って。
そもそも「品格」って 「もともとその人に備わっている品性」とか、
「それとなく感じられる上品なおもむき、気品」 という意味よね。
モノで演出したり、本やカルチャースクールで学んで 短期間に身に付くものじゃあ
ないはず。
まして、ひけらかすものでも見せびらかすものでもなく、感じるものじゃないのかな。

私が尊敬するマダムは誰にも言わないけど 途上国の子供の里親としてずっと援助を続けているようだ。
「能ある鷹は爪を隠す」
古くから伝わることわざだけど、「品格ある」って そういうことじゃないかな。
自分が今、恵まれていると感じられるなら、それを周囲のひとに分けてあげられる人になりたいな。




スポンサーサイト

する?しない?大掃除

最近 「大掃除に関するテーマ」でセミナーのご依頼をよくいただきます。そういう時期だもんね。

とてもありがたいのだけど
私は大掃除はしないので、得意じゃないのよ。
だから「大掃除前の整理術」というテーマでお引き受けするようにしています。掃除を手早く楽しく済ませるためには、モノの整理が不可欠。

整理さえ ある程度できていれば、掃除はラクなので、汚れも溜めることなく、日常のスキマ時間でささっとできるから、大掃除の必要もなくなる、と伝えたい。

だけどだけど、今年も多くのご家庭で、年末の寒い時期に お湯をじゃんじゃん使い、強力な洗剤で一気にきれいにしようとするんだろうな。
(1年分の汚れを1日か2日で落とすのは プロでも大変なの)

世の中は ロハス、エコ、という言葉が周知され、あきらかに時代が変わってきてる、環境問題が年々深刻化しているのに、
なかなか暮らし方の習慣って変わらない。

個々の暮らしが変わると、日本も変わるはず。
整理収納とナチュラルお掃除はそのまま環境対策なのよ。

29日の 福岡ナショナルショールームでのセミナーでは、そこんとこ
リキ入れますわ。聞きにきてね!

サンタは幻だっつーの!

 11月も後半、子供が サンタクロースにおねだりする品物を トイザラ○のチラシを参考に決めたようだ。
そして 品物の品番をなぜか親に打ち明ける。
小5。
さては気付いているな?
サンタの正体知ってるのに 無邪気に信じてるフリしてるんか?
なかなか知能派。

Bebyの頃から 親が「クリスマスはサンタさん」と言う夢を与え、
幼稚園でもテレビでも絵本でも 日本中の大人がグルになって子供にサンタの幻をすり込んでいる。
なんか変だよね~と 思いながら毎年 聖夜にプレゼントを 枕元に届けてきた。
 子供の喜ぶ顔はまるでエンジェル
つまり親の幸せでもあるのよね、サンタの狂言が。

でも、うちはそろそろ もういいかな?
変だと思いながら続ける習慣をやめたくなった。

サンタが今年から来ない理由を何と言おうか。
「生粋の日本人だよ、あんた。うちは仏教徒だし」なんてのはひどいよね。勝手に幻を信じさせておきながら、あれはうそでした、と言ってるのと一緒。 
年齢制限を決めちゃおうか。「10歳までの子供限定」とか。

 そういえば、18歳の長女は 中2までサンタを信じてるフリが上手だったなァ。
後で聞いたら、実は9歳の頃から知ってたと。でもそれがバレると プレゼントがもらえなくなると思って 必死に演技してたらしい。
演技の必要がなくなった今、彼女は堂々と 親に告知する。
「今年のクリスマスプレゼントは○○のブーツね!」

浪人中のくせに贅沢な!と言いつつも、このほうが はるかに気分がいい。


リセット掃除、冷蔵庫もね

朝日がまぶしくて目が覚めた。
今日は土曜日。家の中は散らかり放題。
 そうか、昨夜はお客様のお招きで おいしいふぐのフルコースと、ひれ酒を たっぷりいただいて、セレブ気分で帰宅。(M様、豪華ディナーご馳走様でした!)
寝静まった家族を起こさない様に、そのままお布団にもぐりこんでしまったのだわ。

よっっしゃ 
気合を入れて 一気に1週間分のリセット掃除開始!
何より先にするのは、クイックルワイパーで床のホコリをさーーーっと
取り除くこと。空中のホコリは 夜の間に床に沈んでいるので、家族が起きだす前に一網打尽。
そして朝食が終わったら、家中の窓、扉、ふすまを開け、押入れやクローゼットにも 新鮮な空気を取り込んで風通し。

天井、壁、家具、ブラインド、置物、家電等のほこりを ダストブラシで なでるようにそっと絡め取る。
 注:パタパタと払うのはNG。いたずらにホコリを宙に舞わすことになります。

バケツにぬるま湯、重曹、アロマオイル(今日はティーツリー)を入れてよく溶かし、その中で雑巾を10枚しぼります。
 そして片っ端から拭いていく。ランプの傘や写真たて、棚の上もイスの背もたれも、ドアの取っ手周りも 手垢がついてるね。
雑巾が汚れたら どんどん変える。いちいち洗わなくていいから ラクチンでしょ?
最後は掃除機かけて、床・畳の拭き掃除で終了。

今日は冷蔵庫の中もキレイにしましょ。
うちは 土日が冷蔵庫掃除のチャンス。
なぜなら、毎月曜日に 生協からどっさり食品が届き、土日のあたりになると ほとんど食べきって 悲しいほどスカスカ。
だから掃除のしやすいこと!
中の物、ぜ~んぶ出して、庫内を重曹水で拭きます。
卵ケースや野菜室のトレーなどは、はずして洗う。
仕上げに 酢水かクエン酸スプレーで拭く。(除菌も兼ねて)
あとは 戻すだけ。15分で終了。
 年末にまとめてキレイにしようとすると、こうはカンタンにいかない。1~2ヶ月に1回で、充分キレイが保てます。



進化する掃除機・紙パックかサイクロンか

掃除機を買い替えました。
これまでのモノは 3年前の国産のサイクロン。
吸引力は 買った当初こそイケてたけど、まもなく米粒も吸えないくなった。実はイライラしながら、ほうきとぞうきんがけの合わせワザで使ってきたけど、遂に買い替えを決心したのでした。

「やっぱ、紙パックのがいいんだわ」と心に決めて電器屋さんへ。

店内にずらりと展示された掃除機さん達。
ダイソンを始め、国内大手のメーカーさんがしのぎを削って取り組んだ新機種の数々。
いや~迷いました。
ゴミ捨てがラクな紙パック式か、吸引力のサイクロンか。(吸引力はこの3年の間にかなり向上してる)
やっぱ、排気がきれいなダイソンがいいのか、空気清浄機能付きがいいのか。
コロンとしたかわいいデザインのも捨てがたい。
お値段にいたっては 3999円の処分品から10万円の高級品まで幅があり過ぎて、頭が混乱
店員さんを しつこく質問攻めにして1時間後。 
買ったのは N社のサイクロン式。
決め手は「0,5マイクロメートル(どんなサイズだ?)以上の微細なハウスダストを 99.9%逃がさない」というキャッチコピー。これで アレルギー持ちのわが子達の お布団のハウスダストも しっかり取り除けるんじゃないかな。と 大きな期待をこめて。
ヘッド部分がワンタッチで外れ、スキマ掃除がラクなのも気に入った。

というわけで、昨日の日曜日は 天井も壁も床もお布団(お布団用ローラーで)も 掃除機かけまくってスッキリ♪

ダストカップとフィルターのお手入れが面倒、と感じる方はやっぱり紙パック式をおススメ。最近のはゴミを圧縮して紙パックの交換回数が減り、コスト的にも○です。
私は 基本的には 面倒と思うのだけど、どれくらいゴミが取れたかを毎回 目で確認するのが好きなの。
「このダストカップの中に1万匹のハウスダストを封じ込めてやった!」という達成感が爽快だったりするのデス。


 

実はアイロン好き♪

 今日は、お客様宅で家事代行。アイロンがけもいたしました!
Tシャツ、Yシャツ、ジーンズ、枕カバー、ベッドシーツに掛けカバー。
たくさんあって なぜか わくわく。
そう、アイロンがけが 家事の中で一番好きっちゃね

 ここでワンポイントアドバイス。
乾燥しきったシワシワは、スチームアイロンじゃ伸びません、絶対に。
特にヤッカイなのは綿100%素材。
これらは、最初に 霧吹きで軽く湿らせて 丸めておき、しばらく放置。
全体に湿り気が行き渡った頃に 一気にアイロンで伸ばす!

もう一つ大事なのは、綿100%であろうが、ポリだろうが、混紡だろうが、シルクだろうが、全てに当て布を使うこと。
過去の数々の失敗から学んだのだけど、
たとえば、綿だからと安心してたら 真っ白なシャツにアイロンの汚れが付着してしまった(年期モノのアイロンや、スチームの水 入れっぱなしにしておくと 本体の中部でサビが発生し、茶色のスチームと化す)とか、
胸のワンポイントマークの素材だけポリだったためにアイロンの熱で溶けちゃったりとか、低温でかけたのに 縮んだり とか・・ 
今だから 笑って話せるけど、笑えない顛末もある。
これ全て あて布で防げます。

「あて布すると見えないから 余計なシワを作りそう」と 不安なあなたは修行がたりませんヨ。手の平を駆使して 感覚を研ぎ澄ますと 大丈夫! 一本のシワもない 仕上がりに見とれてホレボレしながらのアイロンがけは 実に楽しいワ。

早く美しく仕上げる達人ワザは 失敗と訓練の賜物。
つくづく 私ってベテラン主婦♪
 「料理は新米主婦だけど」(息子のツッコミ)


«  | ホーム |  »

プロフィール

 

タバサ21

Author:タバサ21
[土曜日AMご一諸に!]
へようこそ。

整理収納と家事のアドバイザーの立場から、「がんばり過ぎなくても いつの間にか暮らしがシンプルになる方法」を提案。
毎日する家事と 1週間に半日する家事の組み合わせで ほどほどにキレイな暮らし、日常のあれこれを盛り込みながら のんびり綴っていこうと思っています。

HP ハウスキーピング燦も見てね!
http://house-keep.info/

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。