Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵の性質を知る!

年末だから、と言うワケじゃないけど
今回もお掃除のお話。

家庭内の汚れの性質は2種類しかない。
1、酸性の汚れ
2、アルカリ性の汚れ

洗剤は「汚れの性質と反対の液性を使って
中和させて落とす」ことは ご存じでしょう?

では問題。
1油汚れ、2水垢、3石けん垢、4時間が経ってしまったおしっこ汚れ、5手垢、6タバコのヤニ、7茶渋
を それぞれ酸性、アルカリ性に分けてください。


答え
酸性の汚れは1,5,7
アルカリ性の汚れは2,3,4,6

重曹や石けん、クエン酸(お酢)を洗剤として使うなら
油や手垢、皮脂汚れなどの酸性汚れには 弱アルカリ性の重曹、石けん、
水垢、石けんカス、おしっこ、タバコのヤニなどのアルカリ性汚れには、弱酸性のクエン酸を、と 
使い分ける必要有り。

お風呂は 皮脂汚れと石けんカスと水垢の混合タイプ。
こんな時は先に重曹、次にクエン酸を使うとキレイになる。
汚れの性質がわからない時も先に重曹を使ってみるといい。

つまり、
世の中には 山ほど洗剤の種類が売られているけど
キホン的には2種類だけあればこと足りるハズ、だよね。

(塩素系と酸はぜっっっっったーーーい混ぜてはいけません。)

重曹とクエン酸を混ぜると細かい泡が立ち(二酸化炭素のガスと水を作る)
お互いに中和してPH7の中性に傾いてしまい、洗浄力が落ちます。
排水口はこの泡を利用してニオイをとる。

汚れ(敵!)の性質を知ることで お掃除はラクになるよ~!

くれぐれも汚れは早いうちに落とすこと。
ガンコに固まったりカビが生えると そりゃあ大変

スポンサーサイト

コメント

勉強になります♪

汚れの知識は皆無なので(恥)
おうちの汚れのアレコレを「アクリルタワシ」利用で乗り切っている私です。
編み物も好きe-265

学びを深めないといけないことがたくさんあるなあ~~~~
と、つくづく思います。

何事も「敵」を知ることは大切ですよね。
頑張りたいと思いますe-287

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kireinakurasi.blog114.fc2.com/tb.php/129-7ec57c7a

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

タバサ21

Author:タバサ21
[土曜日AMご一諸に!]
へようこそ。

整理収納と家事のアドバイザーの立場から、「がんばり過ぎなくても いつの間にか暮らしがシンプルになる方法」を提案。
毎日する家事と 1週間に半日する家事の組み合わせで ほどほどにキレイな暮らし、日常のあれこれを盛り込みながら のんびり綴っていこうと思っています。

HP ハウスキーピング燦も見てね!
http://house-keep.info/

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。